集会・イベント

2015年07月15日

「安保法案」強行採決に対する共同アピール


本日、民主党福井県連は県内の共産党・社民党・緑の党とともにこの度の「安保法案」強行採決に対して強く批判するとともに、共同記者会見および合同街頭演説を行いました。
わが党からは山本正雄県連代表が記者会見および街頭演説に臨みました。
山本代表の発言要旨は以下 →
憲政史上かつてない暴挙。国民無視、国会無視といわざるを得ず、到底許されるものではない。参院で議決されない場合、衆院で再可決・成立させる「60日ルール」を適用できるようにする日程ありきの方針が明白。
多くの憲法学者や元内閣法制局長官までもが憲法違反と断じ、世論調査でも国民の大半が反対、圧倒的多数が説明不足であると言っている状況の中で、立憲主義と民主主義の双方を否定するものである。
私たち民主党は、子どもたちの将来が、大きな危険にさらされようとしているのを見過ごすわけにはいかない。国民の多くの声としっかり連動して、この法案を廃案に追い込むために最後まで全力をあげて闘います。


一覧

    • 山本 正雄

    • 野田 富久

    • 辻 一憲

    • 北條 正

    • 堀川 秀樹

    • 川畑 孝治

    • 辻 人志

    民進党 福井県総支部連合会

    〒910-0005 福井県福井市大手2丁目15-6
    TEL.0776-21-0777 FAX.0776-21-0778

    ご意見・お問い合わせ 党員・サポーター募集

    プライバシーポリシー

    Copyright © 民進党福井県総支部連合会. All rights reserved.