声

2018年04月22日

第2回県連定期大会


民進党福井県総支部連合会は本日(4月22日)第2回定期大会を福井市内で開催し、党員サポーター・代議員他100名余りが参加。
大会には、増子輝彦幹事長が党本部を代表して出席。増子幹事長は、あいさつの中で、昨年の衆院選での混乱をお詫びするとともに、相次ぐ不祥事への安倍政権の国会を冒涜するような姿勢や対応を批判。今こそ民主主義を重んじる仲間を結集し、大きな塊となって対峙すべき時して、民進党が目指す「新しい党への移行」について理解を求めました。
 大会には、西川一誠福井県知事、横山龍寛連合福井会長、斉木武志衆議院議員、龍田清成社民党県連合代表、福田正人県退職者連合代表がご来賓としてご出席いただき、それぞれご祝辞をいただいた。
議事では、昨年の活動報告ならびに収支決算、本年度の活動方針、予算案が審議され満場一致で承認された。
新しい党への移行に伴う活動方針と来る統一地方選挙、衆・参国政選挙への対応を誓った大会宣言が採択された。
最後は、会場の皆さんのご協力のもとガンバローと糀谷副代表の挨拶で締めくくりました。

一覧

    • 山本 正雄

    • 辻 一憲

    • 北條 正

    • 堀川 秀樹

    • 川畑 孝治

    • 辻 人志

    民進党 福井県総支部連合会

    〒910-0005 福井県福井市大手2丁目15-6
    TEL.0776-21-0777 FAX.0776-21-0778

    ご意見・お問い合わせ 党員・サポーター募集

    プライバシーポリシー

    Copyright © 民進党福井県総支部連合会. All rights reserved.